店の樽

昭和初期、大阪の下町に《田中屋酒店》初代の看板があげられました。

当時、町の酒屋は(サザエさんなら三河屋さんかな?^^)

ご近所の家々へお酒はもちろんの事 醤油や調味料なども

注文を受け、配達して回りました。(懐かしぃ;;)

お店にはちょっと高めなカウンターと、テーブルがわりの酒樽‼︎

仕事帰りのお父さん達が やぁ〜やぁ〜ワイワイ♫ 

肩並べ、仕事場の上司や部下への思いを語ったり 

家族自慢の後で愚痴ってみたり 野球にプロレス、将棋や釣竿の話 

パチンコやら馬やら自転車?の話題•••いろいろ盛り上がっては

​「お疲れ〜」「かんぱ〜い!」「まぁ吞め!吞め!」

昭和の立ち呑み酒屋は オヤジさん達の お手軽オアシスやったんです♪(# ^θ^#)v

​そんなお店の樽たち(昔7個、今6個)は 人々の喜怒哀楽、愛情と優しさ 

いろんな事がゆ〜くりと染み込んで ええ感じに燻されてます。ええ色になってます。

時は流れ 昭和から平成へ 町なかの酒屋には厳しい時代になり

樽たちも ひっそり 寂しげに並ぶだけ の日々が続きました……(T_T)

けれど

平成も20年経った頃から音楽で繋がる人々のおかげで

樽を囲む宴会の輪が また広がってきました。

あめ色に燻された樽たち! 喜んでるふうに見えます。

店内には他にもゴッチャリと(^m^)懐かしい物が並んでます。

​どうぞご覧下さいませ。

tanakaya-1953.jpg
tanakaya-1975.jpg
2018-1月店前.jpg

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now